北大阪医療生活協同組合
人の暮らしと、地域に根ざした 生涯医療
北医療生協の概要・沿革
1947年十三労働会館診療所設立。
その後1954年、生協法による全国初の医療生協として発展。
以来「四つの方針」のもとに、いつでも、誰でも、差別のない良い治療が受けられる体制を整えてまいりました。
これからもますます高齢化が進む社会に向かい、子供から老人まで安心して治療が受けられる「生涯医療機関」としての充実を図ってまいります。
概要
名称
北大阪医療生活協同組合
住所
大阪市淀川区木川西3丁目4番15号
理事長
河井 和彦
設立
1955年11月25日
沿革
1947年2月
十三労働会館診療所開設
1954年5月
本町診療所開設(池田市)
1955年4月
北大阪医療生活協同組合となる
1958年11月
本町診療所と統一
1959年1月
本町診療所改築
1961年6月
十三病院に発展
1964年8月
箕面病院設立・吉川診療所開設
1966年11月
十三病院改築
1974年5月
箕面病院増改築
1985年6月
箕面病院増改築
1989年7月
箕面病院増改築(リハビリ浴場棟建設)
1991年4月
光風台診療所開設(吉川診療所と統合)
1993年4月
光風台診療所に北医生協鍼灸センター開設
1993年4月
社会福祉法人翠明社設立、特別養護老人ホーム「照葉の里」開設
1993年4月
箕面病院増改築(食堂・談話室建設)
2001年3月
照葉の里箕面病院増改築
2002年6月
池田市・本町診療所新築移転
2003年4月
十三病院増改築
2007年3月
北医生協鍼灸センター閉院
2008年8月
箕面病院増改築
2015年8月
十三病院改築
北大阪医療生協加入状況
2017年11月末現在 ◆組合員数 14,221世帯
◆出資金 286,728,000円
北大阪医療生活協同組合 加入のすすめ