北大阪医療生活協同組合
人の暮らしと、地域に根ざした 生涯医療
病院長のご挨拶
箕面病院 病院長

病院長 日裏 彰人

各部門紹介
医局
診療科目 氏名   専門領域 専門資格及び所属学会
内科 日裏 彰人 院長 消化器外科 外科学会認定外科医・消化器外科学会指導医
内科 川本 博司 副院長 消化器内科 内科学会・消化器病学会・消化器内視鏡学会
内科 高須 太三郎 副院長 呼吸器内科 内科学会認定内科医・呼吸器専門医
内科 西林 宏之 消化器内科 内科学会認定内科医、総合内科専門医、消化器病学会専門医、消化器内視鏡学会専門医
内科 河井 百合子   一般内科 糖尿病学会
整形外科 石田 通暁   整形外科 整形外科学会専門医・リウマチ学会専門医
リハビリテーション医学会認定臨床医
皮膚科 朝隅 美紀子   皮膚科 皮膚科学会
看護部
箕面病院 看護部長

看護部長 本多 玲子

 照葉の里箕面病院は近隣の急性期病院の後方支援病院として、箕面市の水と緑に囲まれた自然豊かなところにある地域密着型の療養型病院です。
 高齢化が進む中、急性期での治療を終えられても、入院日数の短縮で入院前の状態へ戻れないまま在宅への退院を支援されています。
 当院では在宅では看ることができない患者様や、もう少しリハビリをしてADLの改善を希望されたり、もう一度口から食べることが出来るようになりたいという思いをお持ちの患者・家族様の想いに寄り添い穏やかな療養環境で、その人らしい生活が送れるように在宅復帰も踏まえた支援に取り組んでいます。
 24時間看護・介護ケアしている看護部は多職種と協働し、チーム医療の中心的な役割を担えるように院内・院外研修にも積極的に参加し、スキルアップを心がけ常に暖かさと優しさのある看護・介護を提供しています。また新人看護師や中途採用者にもきめ細やかな指導をし、仕事と生活が両立でできる働きやすい環境作りを目指しています。
この病院で働いてよかったと思える組織づくりと、身近でいつもそばにいて話を聞いてあげれる看護管理者でありたいと思っています。
 ぜひ一緒に働きましょう。
【看護部理念】 人権を尊重した安全で安心できる質の高い看護・介護を提供し、健やかな療養生活を支援します。
薬剤部・検査科
薬剤部・検査科
薬剤部・検査科

医療スタッフとして現場に強い薬剤師を目指して。
院外処方の多くなった昨今、当院ではほとんど院外処方は発行していません。
それというのも診察したあとすぐ窓口で薬の説明ができ、薬をお渡しするという医療の原点を大切にしていきたいからです。
患者様の立場に立ち、二度手間をなくし、また誰からも相談ができる、患者様やその他スタッフにも顔の見えるドクターにも患者様にも近いそんな薬剤部を目指しています。
またひごろは検査や放射線科との交流により薬剤師にはあまり経験のない部門についても学び、より臨床に近いそんな薬剤部を目指しています。

放射線科

照葉の里箕面病院・放射線科では 癌等の病気の早期発見、早期治療を目指し検診にちからを入れています。
検診で病変が疑われた時にはCTや胃カメラ等による精査もできますので安心して箕面病院で検診を受けてください。
また当院で療養生活をおくっていただいている入院患者様との関わりといたしましては、患者様の容態変化にレントゲン撮影で迅速に対応し肺炎等の病変の早期発見・診断に取り組み、入院患者様の安定した療養生活を支えていけるように日々努めています。

リハビリテーション科

充実した職員体制で継続したリハビリテーションを提供しています!!

リハビリテーション科
リハビリテーション科

院長
日裏 彰人(日本外科学会指導医 リハビリテーション医)

高齢者の場合、急性期の病院に入院・治療を受けた後、回復しても寝たきりになったり食べられなくなったりして、元の生活に戻れない方が多くみられます。 当院のリハビリテーションは、看護部や栄養管理部などと横のつながりを重視したチーム医療で、患者様の残っているポテンシャルを引きだしてあげるということを進めています。

整形外科医
石田 通暁(日本整形外科学会整形外科専門医 日本リハビリテーション医学会認定臨床医)

現在、担当医師2名、理学療法士4名、作業療法士3名、言語聴覚士2名の体制で、入院患者様と外来患者様を対象に、機能回復訓練を中心とした質の高いリハビリテーションを提供しています。

人員配置(計9名)
理学療法士 4名
作業療法士 3名
言語聴覚士 2名

リハビリテーション科科長
吉川 健司

高齢患者様が多いため身体・認知機能の回復はもちろんのこと家屋調査や生活指導、介護サービスの調整等、生活面に着目した介入を進めています。更に昨年10月よりスタートした外来リハビリでは地域住民の方々に運動器の関節疾患等に対して整形外科医指導の下、リハビリ業務に取り組んでいます。

理学療法 主任
松野 正幹

療養病床の患者様は骨折や脳卒中等により四肢の障害が生じているだけでなく、呼吸・循環器疾患等の内部障害を重複していることが多いです。このような病状を踏まえ『寝たきりにしない』『最後まで楽に呼吸をして頂く』ことを部門目標にリハビリに取り組んでおります。

作業療法 主任
岩井 健一

『寝たきりにさせない』が当院のスローガンです。これに基づいて様々な併存疾患を有する患者様に対して、作業療法士として専門性を発揮する為、『医学的見地に基づいた予後予測とゴール設定、左記を勘案した生活行為のマネジメント』を部門目標とし日々研鑽に励んでいます。

言語聴覚 主任
林 拓也

当院に入院される患者様・ご家族様の多くは『食べたい、少しでも食べさせたい』と希望される方が多いです。STでは『口から食べる楽しみを最後まで』を合言葉に摂食嚥下サポートチームを立ち上げ、多職種で連携し患者様個々に合わせた食支援を行っています。また他に言語訓練・高次脳機能訓練も実施しています。

栄養管理部

「食事は食べるくすりです」をモットーに創立以来、
かつお、昆布、煮干しの天然だしにこだわり、家庭の味を目指し直営で運営しています。

◆食事
*「安心で安全な食事」患者様の要望を取り入れた365日サイクルメニューを、すべて手作りで提供します。
*嚥下食から普通食まで、患者様の状態に適した形態・要望を調理師・栄養士がきめ細やかに対応しています。

◆行事
*季節ごとの行事(春のお花見・夏祭り・クリスマス会等)、毎月のお誕生日食、手作りおやつ等、療養生活に潤いを感じていただけるイベントを、病棟と共に取り組んでいます。
*月一カフェの開催を始め、淹れ立てのコーヒーをご家族と一緒に楽しんでいただけるようになりました。

◆栄養指導
*月1回の生活習慣病の集団指導は20年以上にわたり取り組んできました。
 食事会形式で病態に適した食事を食べながら、量や味も学んでいただけます。
*個別指導も随時行っています。(本町、光風台診療所でも行っています。)
*退院時には家庭での食事の心配ごと等、なんでもご相談ください。

食べることが療養生活での喜びにつながる事を、スタッフ一同願っています。

地域連携室

地域連携室では患者様及び御家族様が抱えている療養に伴う様々な心配事、不安等について相談をお受けし、問題解決のお手伝いをさせていただきます。
近隣の病院・施設等との連携を密にし、地域の病院としての役割強化に努めております。

事務部

病院の窓口として笑顔で患者様と接し、また院内に於いてはコーディネーターとなるべく様々な情報収集に努めております。
医事受付は明るく元気よくをモットーに外来患者様及び周囲の状況把握に努め、その他にも、 患者様が過ごしやすい療養環境の保安維持に努めている設備担当や外来患者様を安全に送迎する運転士等、患者様第一で日々の業務に励んでおります。